フサフサな髪にしたいのであれば育毛剤の正しい活用法を知るべし

育毛剤の賢い使い方の流れ【髪の洗い方がポイント】

フサフサな髪にしたいのであれば育毛剤の正しい活用法を知るべし

育毛剤

くしで髪をとく

薄毛を改善するために育毛剤を使うという方法があります。しかし、育毛剤を使っても、ケア方法が間違っていたら意味がありません。普段のブラッシングやシャンプーの仕方を見直してみてください。まず、髪のときかたです。頭皮を傷つけないように、ゆっくりと丁寧に髪をときましょう。乱暴にといてしまうと髪の毛が抜けてしまいます。また、くしは清潔なものを使用するようにしましょう。そして、髪を洗う前には手も十分に洗ってください。髪をといたら、ぬるい温度のお湯で髪をすすぎましょう。十分にすすぐことで大体の汚れが落ちます。

髪を洗う

髪をきちんとといたら、シャンプーです。シャンプーをするときは、泡立てて髪を洗います。しかし、この時の注意点として髪の毛にシャンプーをつけて泡立てるのではなく、手のひらで泡立てるようにしましょう。髪の毛につけて泡立てようとすると、髪の毛と頭皮にダメージを与えてしまいます。手のひらで泡立てることによってダメージを与えることなく洗うことができるのです。両方の側頭部をまず洗い、次に後頭部を洗っていきましょう。最後に頭のてっぺんを洗って完了です。洗う際は、指の腹で洗うようにするとフケや傷を出さずに済みます。洗い終えたら、シャンプーをお湯できちんと落としましょう。

髪を乾かす

洗った髪はそのまま自然乾燥はせずに、ドライヤーできちんと髪を乾かしましょう。濡れた部分が残っていると、フケやかゆみが出てしまい、せっかく洗ったのが無駄になってしまいます。風が熱すぎると頭皮にダメージを与えてしまいますので、20cm程度離してドライヤーをかけましょう。

育毛剤を使用する

汚れをしっかり落としたところで、育毛剤を髪の毛と頭皮につけます。シャンプーで髪を洗った時と同様に、まずは両方の側頭部を揉み上げ、次に後頭部を揉み上げます。最後に頭のてっぺんを揉みほぐします。揉む際も指の腹を使いましょう。これで完了です。

育毛剤を利用した方の体験談

色んな育毛剤を試すべきです

ずっと昔から愛用していた育毛剤があったのですが、いまいち効果がないので悩んでいました。そのため口コミを参考にして評判がよいものから試していったところ、自分にぴったりな育毛剤を見つけることができました。最初から様々な種類の育毛剤を試していけばよかったです。

育毛剤は早い段階で使ったほうがいいです

親が薄毛だったので自分にも遺伝するのだろうと思っていて、特に薄毛対策はしていませんでした。そして30代になったころ薄毛の兆候が見られたのです。友人から育毛剤を使えば薄毛の進行を遅らせることができるとアドバイスをもらったので試したところ、本当に進行を食い止めることができました。あの時アドバイスをくれた友人にはとても感謝しています。

広告募集中